***** seminarMLから情報転載 *****

疾患生命工学センター分子病態医科学部門研究室ガイダンスのお知らせ

(6月2日土曜日午後2時より、東大病院中央診療棟(II期)7階大会議室にて)



東京大学大学院医学系研究科疾患生命工学センター・分子病態医科学部門の主催によるDisease Biology Excellent Lecture Series (DBELS)は、平成18年5月開始以来すでに10回を数え、毎回多くの先生方にご参加いただき感謝致しております。私達の研究室では,アポプトーシス,細胞分化,細胞周期等に関する遺伝子の機能解析を,vivo(ノックアウトマウス・トランスジェニックマウスの作製・解析を通じて),および vitro(分子・細胞生物学的実験手法による)の両面で行うことを通じ,その機能異常に由来する疾患のメカニズムを研究しており,その先には疾患に対する根本的な新しい治療法の開発を目指しています。



この度来年度(平成20年度)大学院生(修士・博士課程)を広く募集するに当たり、6月2日(土)14時より東大病院中央診療棟(?期)7階大会議室において研究室ガイダンスを行います。ガイダンスの後,研究室の見学も可能です。多 くの皆様のご参加をお待ちいたしております。

*なお土曜日は東大病院外来入口が使えませんので、当日は奥の入院棟入口よりお入り下さい。



宮崎徹

東京大学大学院医学系研究科疾患生命工学センター分子病態医科学部門 教授

(お問い合わせ先) tm@m.u-tokyo.ac.jpまたは電話 03-5841-1436まで






seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。