南・北米のエタノール、ヨーロッパやパーム油圏のバイオディーゼルを二大潮流とする世界的なバイオ燃料ブームが、盛んにメディアを賑わしている。ちょうど1年前「喰うか? 燃やされるか? ?Food vs. Fuelというシナリオの現実性」という米国のエタノールブームがもたらす食糧供給への影響懸念を論じた記事を紹介した。果たしてこのシナリオは現在どのように展開しつつあるのか、次なるシナリオにはなにが書かれているのかを今週は探ってみたい。なお、参照した記事は多数あるため、記事へのリンクは今回省略する。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FoodScienceサイトでお読みください。