膜たんぱく質のX線結晶構造解析の成果で知られる岩田想Imperial College London教授が、京都大学大学院医学研究科・分子生体統御学講座分子細胞情報学研究室の教授に兼任で就任した(BTJジャーナル2007年1月号P.19)。

 岩田教授は日本では現在、神奈川県に研究拠点があるが、1年内に京都に移ることを3月末の講演で語った(関連記事)。(河田孝雄)


+構造生物学+