北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)マテリアルサイエンス研究科の民谷栄一教授が、2007年4月1日から、大阪大学大学院工学研究科に異動した。精密科学応用物理学専攻の教授に就任した。これに伴い、JAISTでは客員教授に就任した。

 JAISTの民谷研究室は、1)バイオチップ/バイオデバイスの設計・創成、2)生体機能分子(分子識別、細胞活性など)の設計・創成、3)ナノバイオテクノロジーの展開、などの研究を進め、環境関連でも成果を挙げてきた(関連記事1関連記事2関連記事3関連記事4)。

 民谷氏は、軽部征夫教授(現、東京工科大学副学長・教授)のもとで東京工業大学資源化学研究所の助手と講師、東京大学先端科学技術研究センター助教授をつとめたあと、1993年にJAIST教授に就任した。(河田孝雄)


+ナノバイオ+DNAチップ+