第273回CBI学会研究講演会「生活習慣病と関連疾患の分子機構:核内受容体と生活習慣病 3」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第273回CBI学会研究講演会

「生活習慣病と関連疾患の分子機構:核内受容体と生活習慣病 3」


会期:2007年年4月13日(金)13:10-17:50
場所:日本化学会 化学会館7Fホール
東京都千代田区神田駿河台1-5(JRお茶の水駅下車、徒歩4分)

開催趣旨:Metabolic Syndromeへの関心はますます高まっているが、今回は前回(12月15日)の講演会で十分カバーできなかった内臓脂肪とエネルギー代謝、肥満と長寿の関係について、国際的にも知られている気鋭の研究者たちに最新の話題を提供していただくこととした。これらの疾患の基礎概念から治療や予防、そのための情報計算基盤構築など、幅広い課題に関心をお持ちのまで幅広い研究者の参加を期待する。
-----------------------------------------------------------
プログラム

1.13:10-13:30
はじめに
「核内受容体と生活習慣病Nuclear Receptors andMetabolic Syndrome研究の発展」

岡崎康司(埼玉医科大学)

2.13:30-14:30
「ビタミンK/SXR、エストロゲン/ER:核内受容体と骨粗鬆症」

井上 聡(東京大学大学院医学系研究科)

3.14:30-15:30
「核内受容体HNF4による糖代謝制御機構とその破綻」

山縣和也(大阪大学大学院医学系研究科)

<15:30-15:50 休憩>

4.15:50-16:50
「胆汁酸の代謝に対する影響」

渡辺光博(慶應義塾大学医学部)

5.16:50-17:50
パネルディスカッション「肥満と核内転写因子の現状、未来(仮題)」

話題提供:島袋充生(琉球大学)


講演会参加費:
法人賛助会員: 無料
個人会員(非営利):無料、個人会員(一般企業):\5000
ビジター(非営利):\1000、ビジター(一般企業):\10000

出席を希望される方は事前に必ず事務局セミナー受付seminar@cbi.or.jpに連絡してください。

連絡先:CBI学会事務局 セミナー受付 E-mail:seminar@cbi.or.jp
〒158-0097東京都世田谷区用賀4-3-16イイダビル301
TEL:03-5491-5423  FAX:03-5491-5462  http://www.cbi.or.jp/