独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)は、最も原始的な脊椎動物の一種とされているヌタウナギの胚発生を人工飼育下で行うことに世界で初めて成功しました。理研発生・再生科学総合研究センター(竹市雅俊センター長)形態進化研究グループの倉谷 滋グループディレクターと太田 欽也ならびに工楽 樹洋研究員による成果です。

プレスリリースはこちら