「産業技術総合研究所 関西センター 研究講演会~医工連携の潮流と人材養成~ 」開催のご案内が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


◇◆◇◆----------------------------------------------------
「産業技術総合研究所 関西センター 研究講演会
~医工連携の潮流と人材養成~ 」開催のご案内
----------------------------------------------------◆◇◆◇
産業技術総合研究所関西センターでは、医工連携の潮流と関連する産業技術人材の育成に対する取り組みを広く社会に知って頂くと同時に、 産学官連携研究開発体制の構築にも資するシンポジウムを企画いたしましたので、ご案内いたします。

◆日時 平成19年3月6日(火)13:20~17:30
(交流会17:30~)                 
◆場所 千里ライフサイエンスセンター ライフホール
(交流会 千里ライフサイエンスセンター会議室)
〒560-0082 豊中市新千里東町1-4-2 
TEL:06-6873-2010

◆参加費 無料(但し、交流会は会費3000円/人)

◆主 催:独立行政法人産業技術総合研究所
ナノバイオ分野人材養成ユニット/産総研関西センター

◆後 援:近畿経済産業局、近畿バイオインダストリー振興会議

◆主な内容
13:30~14:20 
基調講演「生体環境設計:医工連携はやさしい技術を創り出すのか」
京都大学国際融合創造センター 教授 富田 直秀
14:20~14:30
「産総研セルエンジニアリング研究部門における医工連携の取り組み」
産総研セルエンジニアリング研究部門 部門長 湯元 昇
14:30~15:00
「患者自身の自己細胞を用いた再生医療技術開発」
産総研セルエンジニアリング研究部門 主幹研究員 大串 始
15:00~15:30
「インド原産植物抽出物による細胞制御機構の解明と抗癌治療への展開」 
産総研セルエンジニアリング研究部門 グループ長 ワダワ レヌー
15:45~16:15
「日本人BACライブラリーの構築とがん治療への応用」
産総研セルエンジニアリング研究部門 主幹研究員 平野 隆
16:15~16:35
「医工連携に必要なナノバイオ分野の人材養成」
産総研セルエンジニアリング研究部門 部門長 湯元 昇
16:35~16:55
「ナノテク・材料研究者育成の人材システム」
北陸先端大 マテリアルサイエンス研究科 講師 平塚 祐一
16:55~17:15
「科学技術関係人材のキャリアパス多様化事業S-cubic」
北海道大学大学院理学研究院 特任教授 住友 秀彦

◆詳しい内容、お申込み方法はこちらから
http://unit.aist.go.jp/kansai/event/2006/nano-bio2007.pdf
電子メールでのお申し込みは、nanobio-forum@m.aist.go.jpに件名(subject) を“参加申し込み”と記載の上、会社名又は機関名、
所属、氏名、電話番号、交流会の参加の有無をご連絡願います。

◆お問い合せ先
研究講演会事務局 (産業技術総合研究所関西産学官連携センター内)
TEL:072-751-9606
FAX:072-751-9621
E-mail:nanobio-forum@m.aist.go.jp
************************************************************