松永和紀氏が詳報されている通り、トウモロコシからのエタノールやDDGS(dried distillers grains with solubles)生産に焦点を当てたアメリカ穀物協会主催のシンポジウムは、非常に興味深い内容であった。しかし、この問題を巡っては、あの場で決して語られることがなかったもう一つのストーリーが進行している。それは、隣国メキシコにおける「トルティーヤ危機」だ。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FoodScienceサイトでお読みください。