***** seminarMLから情報転載 *****

東京大学医学系研究科 疾患生命工学センター若手研究者セミナーのご案内です。

講演タイトル:
『膜結合型プロスタグランジンE合成酵素(mPGES-1)の生物薬学的解析』

講師:亀井大輔先生
    昭和大学薬学部 衛生化学教室 (独)日本学術振興会特別研究員(PD)

日時:2007年2月15日(木) 14:00~15:30

場所:東京大学 疾患生命工学センターセミナー室(医学部1号館 2階N206)

 mPGES-1は、アラキドン酸カスケードでPGE2合成系の最終段階を担う酵素
であり、炎症性刺激により発現誘導される。本酵素は上流に位置する2種の
シクロオキシゲナーゼ(COX)のうち、誘導型のCOX-2と選択的に機能連関し
てPGE2を産生する。本セミナーでは、mPGES-1遺伝子欠損マウスを用いた解
析を中心に、炎症性疾患とがんへのmPGES-1の関与について講演して頂く。

ご関心のある方はどなたでもご参加ください。

URL:http://env-health.m.u-tokyo.ac.jp/wakate0215.pdf

-------------------------------------------------------------
連絡先:
医学系研究科 疾患生命工学センター 健康環境医工学部門 遠山千春
E-mail: ctohyama@m.u-tokyo.ac.jp
Tel: 03-5841-1434 (内21434)



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。