文部科学省科学研究費特定領域研究 「ゲノム」4領域成果公開シンポジウム『ヒト・生命と環境・社会 -ゲノム研究の最前線-』が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


来る平成19年2月27日(火)に下記内容にてシンポジウムを
開催いたします。一人でも多くの方のご参加をお待ちしております。
ふるってご参加下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。


主 催:文部科学省/タンパク3000総合シンポジウム実行委員会

日 時:平成19年2月27日(火) 10:00~17:45

会 場:東京国際フォーラム ホールB7

アクセス:http://www.t-i-forum.co.jp/function/map/index.html


後  援:日本核磁気共鳴学会/日本結晶学会/日本生化学会/日本生物物理学会/日本蛋白質科学会/日本農芸化学会/日本分光学会/日本分子生物学会/日本放射光学会/日本薬学会/日本製薬工業協会


参 加 費:無料(要事前申し込み) 
  
※ただしシンポジウム終了後の交流会は参加費4000円(税込)


◇プログラム◇

10:00~10:10
「主催者挨拶」
 文部科学省

10:10~12:10
【第1部 タンパク質と生命現象】
 座長:三木邦夫(京都大学)

「タンパク質研究の基礎と応用」
 別府輝彦(日本大学)

「タンパク質研究からさぐる生命機能」
 山本 雅(東京大学医科学研究所)

「タンパク質研究とタンパク3000」
 大島泰郎(共和化工株式会社)


12:10~13:30
ポスターセッション・休憩


13:30~15:10
【第2部 タンパク研究の現状】
 座長:西村善文(横浜市立大学)/倉光成紀(大阪大学)

「構造・機能解析のためのタンパク質生産」
 横山茂之(理化学研究所)

「タンパク質のX線結晶構造解析」
 田中 勲(北海道大学)

「創薬への構造解析情報の利用」
 西島和三(持田製薬株式会社)

「産業利用を目指したタンパク質構造解析」
 田之倉優(東京大学)


15:10~15:55
ポスターセッション・コーヒーブレイク


15:55~17:45
【第3部 タンパク研究のこれから -構造決定への新しい手法-】
 座長:中川敦史(大阪大学蛋白質研究所)/稲垣冬彦(北海道大学)

「タンパク質構造情報からタンパク質機能情報へ」
 中村春木(大阪大学蛋白質研究所)

「難発現性タンパク質の生産と精製:
 ターゲットタンパク質構造解析のボトルネック解消に向けて」
 高木淳一(大阪大学蛋白質研究所)

「放射光X線タンパク質構造解析の展開:
 汎用化技術と高難度ターゲットへの挑戦」
 若槻壮市(高エネルギー加速器研究機構)

「タンパク質制御化合物の創出」
 長野哲雄(東京大学)

「閉会の挨拶」
 文部科学省


18:00~19:30(予定)
「交流会」


【参加申込方法】
ホームページ上の申込フォームよりお申し込み下さい。
お申し込みの際に整理番号を発行いたします。
シンポジウム当日には、この整理番号を受付にご提示下さい。
整理番号がない場合、ご入場できない事がございますのでご了承下さい。
ご不明な点がございましたら事務局までお問い合わせ下さい。


【交流会への参加方法】
ホームページ上の申込フォームよりお申し込み下さい。
会費は当日受付にてお支払い下さい。
(会場の都合により当日の参加申込はお受けできない場合がございます)


【お問い合わせ先】
株式会社クバプロ
〒102-0072 千代田区飯田橋3-11-15 UEDAビル6階
TEL:03-3238-1689 FAX:03-3238-1837
E-mail:symposium@kuba.jp