ゲノムネットワークプロジェクト公開シンポジウムが、2月16日(金)午後に、東京国際交流館(科学未来館横)で開催される。
 世界をリードする日本のゲノムネットワークプロジェクトの全貌を、年に1回、総覧できる機会だ。参加費無料だが、参加登録する必要がある。詳細と登録は、www.mext-life.jp/genomeをクリックしてアクセスできる。


第3回ゲノムネットワークプロジェクト公開シンポジウム
 ~医学・生物学へ展開するゲノムネットワーク~
 
  2007年2月16日(金)13:00~18:00
  東京国際交流館(ゆりかもめ「船の科学館」)

13:00 主催者挨拶 文部科学省
挨拶 大石道夫&s_comma; 笹月健彦
プロジェクト概略説明 榊佳之
13:40-座長 榊佳之
伊藤隆司 
 ・メチル化ボディマップを目指して:DNAメチル化解析技術の開発
柳川弘志
 ・In vitro virus(IVV)法による大規模タンパク質相互作用解析からゲノム創薬への展開
林良英
 ・ゲノムネットワーク解析システムの構築
五條堀孝
 ・ゲノムネットワークプラットフォームにおける知識基盤形成と転写制御ネットワーク解明への展望
16:00-16:15 休憩
16:15-座長 山本雅
   浅原弘嗣
    ・複合ポストゲノムアプローチによる四肢発生分化を制御する転写ネットワークの解析
   岡崎康司
    ・骨粗鬆症とメタボリック症候群に関する遺伝子ネットワークの解明
   井上 聡
    ・生体においてステロイドホルモンが担うゲノムネットワークの解明

17:45 シンポジウム総括  山本雅


18:00 意見交換会:東京国際交流館メインホワイエ(有料)


+DNAチップ+先端ゲノム+シグナル伝達+