話は昨2006年12月に遡る。ニュージーランド政府は、未承認GM種子が混入したスィートコーン種子が米国から輸入され、ニュージーランド国内で既に播種されていたと公表する。播種されていた圃場が突き止められた結果、これらのスィートコーンは圃場において全て破棄された。07年2月1日、このコンタミ事故の全貌に関する最終報告書がニュージーランド農林省から公表された。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FoodScienceサイトでお読みください。