先週書いたISAAA年次報告は、諸国においてさまざまな反響を呼んでいて興味深い。それらとは直接的関係はないが、GMO導入が途上国農民に与える影響のケーススタディとして、インドのBtワタ栽培を取り上げた論文記事が面白かったので、まずそちらを紹介したい。さらに、米国農家がGMO種子を植える理由はなんなのかという研究を、インドの場合と対にして眺めてみよう。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FoodScienceサイトでお読みください。