昨年は新経済成長戦略、経済成長戦略大綱、安倍首相所信演説、イノベーション25、総合科学技術会議制度改革グループ提言、新医薬品産業ビジョン、ライフサイエンス推進議員連盟決議、有効で安全な医薬品を迅速に提供する為の検討会報告、新健康forum等々いろいろな場面で医療、医薬品が話題となりました。
 科学研究費予算でも、制度的にも改善の方向へ向かっているように感じ、過去と決別し新しい時代を予感しました。
 一方急速に進み行く生命科学の進歩に創薬研究、臨床研究、レギュラトリーサイエンス等の研究現場がついて行けないギャップを感じた年でした。しかしながらゲノム、ポストゲノム科学もやっと現実的な方法論に結びつき始めた気もしました。
 2007年にはこれらの萌芽的状況がすこしずつ成果に結実していくことを期待しています。


2007年新春展望特集


+オピニオン++++