高度な基礎科学の研究と臨床研究の橋渡しをする研究として、トランスレーショナル・リサーチが日本や欧米各国で推進され始めています。

 島津製作所はライフサイエンス事業の展開として、トランスレーショナル・リサーチなどにおける当社の位置付けを見極め、さらに推進していきます。この一環として、(1)SNP解析装置と当該解析に係る試薬・ソフト、検査・診断方法の開発、(2)質量分析装置などを駆使したバイオマーカー探索と創薬支援、(3)分子イメージング装置の開発と創薬支援、診断技術の開発、に注力いたします。

 これら次世代医療事業においては、機器・モダリティ、試薬・コンテンツ、さらには創薬・診断支援サービスなどの提供を通じて、来るべき個別化医療の実現に貢献したいとの願いであります。

 部分的なテーラーメイド医療は既に実現の目前にあります。SNP解析やバイオマーカー探索の事業化においては、当社の役割として研究医・臨床医に役立つ先端的な機器を提供し、2007年は新たな第一歩に踏み込む予定です。多型と薬剤耐性・感受性の統計的相関解析と並行して、SNPによってもたらされる分子機能変化の実体、たとえばたんぱく質の機能・構造をどのように変化させるのかなど、基礎研究については産学連携の共同研究を更に進め、各界研究者のご指導を戴き、その有効性を高める医療に貢献いたします。

 また分子イメージング事業においては、薬剤の作用部位の特定や作用機作の解明を通じて製薬企業における創薬プロセスの効率化を図り、さらに非侵襲性画像診断の提供により医師による良質の患者治療と患者コンプライアンスの向上に貢献したいと思っています。


2007年新春展望特集


+先端画像+プロテオーム+個の医療+オピニオン+