食品添加物に関する最近の報道には、科学的な誤りがあまりにも多過ぎることを先週書いた。なぜ、これほど多いのか。もちろん、間違った情報を流す人がいるからなのだが、どうも取材する側も「たかをくくっている」という感じがする。宇宙物理について書こうと思ったら、だれでもそれなりに勉強するだろう。ところが、添加物に関してはちっとも学ぼうとしない。いや、添加物だけでなく、食に関する問題全般が甘くみられているところがある。だから、感覚で語られてしまう。(サイエンスライター 松永和紀)

 この続きはFoodScienceサイトでお読みください。