***** seminarMLから情報転載 *****

東大医科学研究所も年末ですが、セミナーをおこないます。
先のご案内と時間までだぶっているので恐縮ですが。

東京大学医科学研究所
学友会セミナーのお知らせ

開催日時: 平成18年12月26日(火) 16:30~17:30

開催場所: 東京大学医科学研究所合同ラボ棟2階 会議室

講 師: 小笹 徹 先生

所 属: イリノイ大学シカゴ校薬理学 助教授


演  題: RGSタンパク質によるGPCRシグナルの多様な制御
         :GPCRシグナル複合体の機能解明へ向けて

概  要:GPCRを介したシグナル伝達系は極めて普遍的な細胞情報伝達機構であるが、
受容体から三量体Gタンパク質を通して細胞内へシグナルが伝達される正確な分子メ
カニズムは、その重要性にもかかわらず未だ不明の部分が多い。近年、Gタンパク質
制御因子として一群の RGSタンパク質が新たに同定され、これらが GPCRシグナルを
様々な様式で制御していることが明らかとなった。 細胞膜で形成されるGPCRシグナ
ル複合体のキーモレキュールとしてのRGSタンパク質の機能に焦点をあて、最近の知
見を紹介したい。

*********************************
渡辺 すみ子、教授
東京大学医科学研究所
再生基礎医科学寄付研究部門
合同ラボ棟3階
108-8639
東京都港区白金台 4-6-1
Phone 03-5449-5663/5664
FAX 03-5449-5474
e mail sumiko@ims.u-tokyo.ac.jp
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/moldev/
http://www.ken-ichiarai.com





seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。