第22回 国際生物学賞記念シンポジウム および第13回日本時間生物学会学術大会が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


日時:11月30日(木)から12月2日(土)
場所:東京(国際フォーラム
日本時間生物学会の第13回学術大会は、本年度、東京国際フォーラムにて開催されることとなりました。今年はまた、国際生物学賞の授賞分野として『時間生物学 (Chronobiology) 』が選定され、日本時間生物学会にとっては誠に喜ばしい、記念すべき年になりました。受賞者の栄誉を讃えて開催される記念シンポジウムの主催を本学会の第13回学術大会と連続して、両者の同時開催が実現することになりました。
詳しい案内は下記URLにてご覧下さい。

http://www.biochem.s.u-tokyo.ac.jp/fukada-lab/jsc2006/