11月23日の感謝祭でダレるのではと思いきや、先週は注目すべきヘッドラインが並んだ。政策面では世界貿易機関(WTO)GMOパネル(紛争処理小委員会)のEUに対する裁定が確定、LLRICE601の米国農務省(USDA)による承認、技術面でも米国における綿実とコムギの品質改善などでニュースルームは大いに賑わった。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FoodScienceサイトでお読みください。