日本インドワークショップ“インドの遺伝資源と伝統的知識へのアクセスと利益配分に関する最新動向”が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


日本-インド ワークショップ開催のご案内
“インドの遺伝資源と伝統的知識へのアクセスと利益配分に関する最新動向”
主 催:(財)バイオインダストリー協会(JBA)
日 時:平成18年12月8日(金) 13:30~17:15
会 場:虎ノ門パストラル
東京都港区虎ノ門4-1-1 電話03-3432-7261
地図:http://www.pastoral.or.jp/access/index.php
参加費: 無料
逐次通訳あり(英日)
募集人数: 60名(先着順)
申し込み先:indiaws@jba.or.jp(所属・連絡先を明記してください)
問い合わせ先:玉手(JBA)電話03-5541-2731

プログラム(予定)
開会挨拶:(13:30-13:40)

イントロダクション(13:40-14:00)

講演:

1. 「インドの遺伝資源と伝統的知識へのアクセスと利益配分の政策」 (14:00-14:30)
* Dr. Desh Deepak Verma
Joint Secretary Ministry of Environment & Forests India

・・・Coffee Break(14:30-14:45)・・・

2. 「インド生物多様性法に基づく遺伝資源と伝統的知識へのアクセスと利益配分に関する許認可手続について」 (14:45-15:25)
* Prof. S. Kannaiyan
Chairman National Biodiversity Authority India

3. 「インドの伝統的知識デジタル・ライブラリー(TKDL)について」 (15:25-16:05)
* Dr. V. K. Gupta
Head IT Division
Council of Scientific & Industrial Research India

4. 総合討論(16:05-17:15)