第11回 つくばバイオマテリアル研究会 「再生医療とナノメディシン」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第11回 つくばバイオマテリアル研究会
「再生医療とナノメディシン」
http://www.bio.tsukuba-tci.co.jp/src/event_rec.asp?eventID=26
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日 時 : 2006 年 11月 24日 (金) 10:00~19:00
場 所 : 物質・材料研究機構 共同棟4階 大ゼミナール室
      (つくば市並木1-1)
URL : http://www.bio.tsukuba-tci.co.jp/src/event_rec.asp?eventID=26

主 催 : つくばバイオマテリアル研究会
共 催 : BioTsukuba(茨城県・つくば研究支援センター)
      AIST 医工学研究フォーラム(産業技術総合研究所)
      つくば医療産業懇談会(筑波大学)
      SHI 研究会(物質・材料研究機構)

プログラム
10:00~12:00 研究機関等代表者講演 (各25分)
 (1) NIMS (立石哲也)
 (2) 筑波大学 (落合直之)
 (3) AIST (山根隆志)
 (4) 農資研  (玉田 靖)
 (5) 茨城県  (浅野修一)

13:00~14:00 研究発表( ポスターセッション )

14:00~16:00 招待講演(各40分)
 (1) 大串 始(産業技術総合研究所)
   「再生医療の展望」

 (2) 桧垣達彦 (クラレ)
   「配向連通孔構造を持つ人工骨の開発」

 (3) 牧野 徹(オリンパス・ノバスジーン)
   「蛍光相関分光法による遺伝子多型解析の現状」

16:10~17:10 つくば地区研究者講演(各20分)
 (1) 大根田 修(筑波大学)
   「幹細胞工学の進展」

 (2) 陳 国平(物質・材料研究機構)
   「オルガノイドエンジニアリング基盤材料技術」

 (3) 福田 淳二(筑波大学)
   「マイクロパターン細胞培養技術」

17:30~19:00  懇親会(参加費3000円)

  参加申込み :
 参加を希望する方は11月20日(月)までに
 下記項目を記入のうえお申込み下さい。(申込期限を延長しました)

「第11回 つくばバイオマテリアル研究会」参加申込書
・会社名/機関名:
・役職:
・氏名:
・連絡先 TEL:
     E-mail:
・懇親会参加の有無

参加申込先:
BioTsukuba事務局(つくば研究支援センター)
〒305-0047  茨城県つくば市千現2-1-6
TEL:029-858-6053  FAX:029-858-6009
koryu-jim@tsukuba-tci.co.jp