***** seminarMLから情報転載 *****

  第7回並列生物情報処理イニシアティブ(IPAB )
      シンポジウム開催のご案内

【日  時】
2006年12月11日(月) 10:00-17:30
【会  場】
産業技術総合研究所 臨海副都心センター別館
バイオ・IT融合研究棟11F 会議室
http://www.cbrc.jp/cbrc/map/index.ja.html
〒135-0064東京都江東区青海2-41-6
【主  催】
特定非営利活動法人 並列生物情報処理イニシアティブ(IPAB)
【協賛学会】(依頼中)
日本バイオインフォマティクス学会、CBI学会、
人工知能学会、情報処理学会
【参加費用】無料

●申込方法:ホームページより参加事前登録をお願い致します。
http://www.ipab.org/wwwmail_sym.html

★プログラム★(敬称略)
10:00~10:20 ご挨拶 IPAB理事長 小長谷明彦
10:20~11:10 基調講演1 「HPCの方向性“Future Direction of
HPC」
工学院大学情報学部長 小柳 義夫
11:10~12:00 基調講演2 「Grid-Enable in silico
High-Througthput compound screening against Influenza A Neuraminidase」
GRC&s_comma; Academia Sinica&s_comma; Taipei  Ying-Ta Wu&s_comma; PhD
12:00~13:30 休憩(ランチ)、展示
13:30~14:20 基調講演3 「マイクロアレイデータからのクラス分類とその応用」
九州大学農学研究院遺伝子資源工学部門 教授 久原 哲 
14:20~15:10 基調講演4 「臨床グライコミクスとバイオマーカー探索」

北海道大学大学院理学研究科 教授 西村 紳一郎
15:10~15:20 休憩
15:20~15:50 研究発表1 「新しい標準化方法によるDNAチップデータの改定と効果」
  秋田県立大学生物資源科学部 准教授 小西 智一
15:50~16:20 研究発表2 「バイオインフォマティクスを活用した個人化健康管理」
  国立がんセンター腫瘍ゲノム解析・情報研究部 室長 水島 洋
16:20~16:30 休憩(コーヒー)+舞台替え
16:30~17:30 パネルディスカッション 「バイオインフォマティクスはビジネスになるか?Part2」
座 長:IPAB理事長 小長谷明彦
パネリスト:株式会社日立製作所 原田 義則
  日本電気株式会社 土肥 俊
  富士通株式会社 松本 俊二
  日本アイ・ビー・エム株式会社 梶谷 浩一
17:30~19:30 懇親会

是非、懇親会にもご参加くださる様お願い申し上げます。

_____
関嶋 政和 / SEKIJIMA Masakazu&s_comma; Ph.D.
Mail: m.sekijima@aist.go.jp / Web: http://www.cbrc.jp/~sekijima/index_j.html
独立行政法人 産業技術総合研究所 生命情報科学研究センター 研究員
早稲田大学理工学術院 客員助教授 (併任)
〒135-0064 東京都江東区青海2-42
独立行政法人 産業技術総合研究所 臨海副都心センター バイオ・IT融合研究棟
TEL:03-3599-8061(直通) FAX:03-3599-8081





seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。