第16回アンチセンスシンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


◆◆第16回アンチセンスシンポジウム◆◆
 http://www.biomethod.jp/anti/

 今回のシンポジウムでは、合成や作用機序に関する基礎研究から臨床応用を目指した研究まで多くの演題(一般演題59題、企業発表4題)が発表されます。
 また、招請講演として、核酸合成に関する新展開、核酸医薬品を開発するうえで基礎研究者にも知っておいていただきたい審査認可行政、世界をリードしているわが国のcDNAプロジェクトから見える新たな遺伝子像、それに米国のベンチャーからの最新報告、などを予定しております。 是非、ご参加ください。
◆プログラム等の詳細
 口頭発表:http://www.biomethod.jp/anti/program1.html
 ポスター発表:http://www.biomethod.jp/anti/program2.html

《招請講演》
●リン原子修飾型核酸医薬の立体選択的合成
   和田 猛(東京大学大学院新領域創成科学研究科)
●核酸医薬品の臨床開発と審査・認可行政の動向
   川上浩司(京都大学大学院医学研究科 薬剤疫学)
●完全長cDNAから見たヒト・トランスクリプトーム:変わりゆく遺伝子像
   菅野純夫(東京大学大学院新領域創成科学研究科)
●Making Drugs out of Synthetic siRNAs
   Muthiah Manoharan(Alnylam Pharmaceuticals Vice President)

《開催詳細》
◆主催 : アンチセンスDNA/RNA研究会
●会長 : 前川 平
     (京都大学医学部附属病院輸血細胞治療部・教授)
◆会期 : 平成18年11月27日(月)・28日(火)
◆会場 : 国立京都国際会館 アネックスホール
     (〒606-0001 京都市左京区宝ヶ池)
◆参加費
 ▼当日参加:本会会員(一般)\7000 本会会員(学生)¥3000
  非会員(一般)\9000  非会員(学生)¥3500