第3回国際バイオプリンティング・バイオファブリケーション・シンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第3回国際バイオプリンティング・バイオファブリケーション・シンポジウムのご案内


再生医療や組織工学の研究領域では、近年、新しい取り組みが始まっています。
コンピュータと機械の力で、複雑なScaffold(細胞の足場)や直接細胞や生体材料で生体組織を再現性良く築き上げようとの研究です。

本シンポジウムのテーマ
『 バイオプリンティング・バイオファブリケーション』
とは、印刷技術や三次元造形技術などの工学的手法を応用して、細胞や生体関連材料を二次元・三次元で配列して、ボトムアップ的に細胞組織を構築する科学技術です。
バイオチップや検査用サンプル、人工的な細胞組織やバイオ組織を構築し、将来的には移植に使える臓器や組織の創生にもつながる科学技術です。

この国際シンポジウムには、世界の最先端の研究者達が集まります。
ぜひ、参加して、コンピュータと機械工学による新時代の再生医療・組織再生工学の研究に触れてください。

対象:
医学・生物学・薬学・化学・バイオマテリアル・機械工学・マイクロマシン・ナノテクノロジー・バイオテクノロジー・マイクロファブリケーション関連の研究者・バイオ関連企業・医薬関連企業など、

日 程 : 2006年 11月 21日(火)、22日(水)
場 所 : かながわサイエンスパーク (神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1)
 (JR南武線および田園都市線武蔵溝ノ口駅より徒歩15分)
参加費 : 一般 10000 円 (含 抄録集)
     学生 無料 (抄録集 3000 円) 
     懇親会費 ( 参加者のみ6000 円)
     参加費は事前に銀行振り込みまたは当日カード
     (JCB、VISA、Master、Diners、Amex)による決済。

ホームページ  : http://www18.ocn.ne.jp/~bprint/Bsymp.html

主催: 第3回国際バイオプリンティング・バイオファブリケーション・シンポジウム実行委員会

協賛・後援 : (財)神奈川科学技術アカデミー、川崎市、
 日本人工臓器学会、日本生体医工学会、日本組織工学会、
 日本再生医療学会、日本化学会、日本分析化学会、他

お問い合わせ:シンポジウム事務局まで
事務局:財団法人神奈川科学技術アカデミー
    中村バイオプリンティングプロジェクト内
    E-mail: bioprinting-sc@newkast.or.jp
 まで。