「日本の大学院生、特に博士課程の学生にとってまず必要なのは、経済基盤を与える研究報酬と、それに伴う責任」──。BTJジャーナルの好評連載「研究者キャリアパス日米比較」第6回で、菅裕明・東京大学教授語っていただきました。

 欧米では大学院生は、親から独立した経済基盤をもつべきという常識が根付いている。大学院生への報酬は、理系学生を確保するための不可欠な条件にもなっている。「なんと恵まれているのだろう」と日本の大学院生のほとんどは思うだろうが、しかし、報酬には責任が当然伴う。

 大学院生時代から研究者としての自己認識と責任感、つまり研究者としてのプロ意識を養うために、大学院生の人件費は必要と指摘する。

 詳しくは、先月末に公開した「BTJジャーナル」06年10月号P.18-19の連載記事「第6回 大学院教育のシステム(後編)」をご覧下さい。

 「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/

 「BTJジャーナル」はバイオ研究者のスキルアップやキャリアアップのお役立ち情報を提供する月刊誌。無料ダウンロードのPDFファイルをパソコンで、あるいはプリントアウトしてお読みいただく新しいタイプのジャーナルです。

※10月号の目次を紹介します。

2 リーダー・インタビュー
 システムバイオ&インフォマティクス
 黒田真也・東京大学教授
 金谷重彦・NAIST教授

9 リポート
 欧州のシステムバイオ

11 リポート
 4遺伝子で細胞の初期化に成功

14 リポート
 自然免疫で引用トップの阪大・審良教授

16 学会ダイレクト
 日本癌学会

18 連載「研究者キャリアパス日米比較」
 第6回 大学教育のシステム(後編)

20 連載「プロが教えるラボ清掃術」
 第5回 実験台、流し、水まわり(その2)

23 連載「キャリアチェンジ研究所」
 第4回 研究の臨場感を一般へ

27 ウェブサイト紹介
 システムバイオロジー

28 書籍紹介

35 カレンダー

 ぜひ「BTJジャーナル」をダウンロードして、お楽しみください。
 パソコンでご覧いただくと、リンク先の情報もすぐに入手できます。
 プリントアウトをお読みいただくなら、カラーをお勧めします。

「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/

 このダウンロードサイトでは、BTJジャーナルのバックナンバーも無料でご覧いただけます。下記の各号の特集、キーワードを参考にしてください。【ビデオ】と記載した記事は、音声入り動画が入ってます。オンラインジャーナルならではのダイレクトリンク、PDFジャーナルならではのビデオも、お楽しみください。

創刊前号 エピゲノム計画 DNAマイクロアレイ
創刊号(1月号) RNA新大陸【ビデオ】 蛍光たんぱく質 キャリア調査2005
2月号 仕切り直しのクローンES細胞研究 さきがけライブ
3月号 論文ねつ造事件 質量顕微鏡 春学会プレビュー
4月号 糖鎖プロジェクト【ビデオ】 ライブセル【ビデオ】 学会コレクション
5月号 メタボローム【ビデオ】 エピジェネティクス解析 研究者のキャリアパス
6月号 分子イメージング IUBMB若手研究者の集い 匠のラボ清掃術
7月号 エピジェネティクス【ビデオ】 ノーベル賞 研究費不正使用
8月号 ニュートリゲノミクス 特産品振興 機器購入の心得
9月号 メタゲノム【ビデオ】 高速DNAシーケンサー 大学院教育

「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/

 オンラインジャーナルならではのダイレクトリンク、PDFジャーナルならではのビデオも、お楽しみください。(BTJ編集長 河田孝雄)