第21回マンスリーセミナーが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


私共では,ある地区におけるC型肝炎ウイルス感染患者及び担当医師へアンケート調査を実施することにより,インターフェロン治療の受療状況を把握するための調査を行いました。インターフェロン療法が普及しない要因を明らかにし,その原因を分析した上で,薬物療法の普及に向けた地域医療の在り方を考察しました。リサーチペーパーにまとめました。
※久留米大学医学部消化器疾患情報講座と日本製薬工業協会(医薬産業政策研究所)の共同研究(全文ダウンロード可

第21回マンスリーセミナー

【日時】2006.11.28(火) 17:30-19:00
【場 所】久留米大学臨床研究棟2階
【プログラム】
 1. IL-6と難治性免疫疾患 大杉義征(中外製薬) 
 2. 優れた薬物療法のさらなる普及をめざして-C型肝炎ウイルス感染者におけるインターフェロン療法受療の現状と考察- 長尾由実子(消化器疾患情報講座)内容はこちら
【受講料】無 料
【問い合わせ】0942-31-7902

詳細は,消化器疾患情報講座のホームページをご覧下さい。