「細胞・生体機能シミュレーションプロジェクト」 シンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


生体機能シミュレーションでは、生体機能に関する医学生理学に関する基礎に加えてコンピュータプログラミングなど最先端の技術や知識を必要としますが、プロジェクトの成果を社会に普及し、活用していただくことを目指しています。
そこで今回、下記にあります2つのシンポジウムを開催いたします。
是非ご周知のうえ、ご出席いただきますようご案内申し上げます。

細胞・生体機能シミュレーションプロジェクト京都大学拠点 第3回国際シンポジウム Medical Systems Biology of the Heart


心筋細胞機能のシミュレーションは、世界的に医学システムバイオロジーへと進化し、異分野融合による理論的研究を強力に推進すると同時に、病態解明や創薬開発など実用面への応用に大きな期待がもたれています。このシンポジウムではその最前線の研究成果を紹介し、更なる展望を開くことを目指します。

日時: 2006年12月4日(月) 9:30-17:50
        5日(火) 9:00-14:30
会場: 京都大学医学部構内 芝蘭会館 稲盛ホール(京都市左京区吉田近衛町)

参加費: 無料(懇親会は5000円)

参加登録:国際シンポジウム事務局(symposium3rd@biosim.med.kyoto-u.ac.jp)
までご連絡ください。メールのサブジェクトは「シンポジウム参加登録」でお願い致します。

URL: http://www.biosim.med.kyoto-u.ac.jp/3rdsimpo06124_5/

京都大学ナノメディシン融合教育ユニット 第1回シンポジウム


2005年度より文部科学省科学技術振興調整費による新興分野人材養成プログラムの一つとして発足した本ユニットでは、 ナノテクノロジーとライフサイエンスの異分野融合により初めて実現できる高度先端医療に関する基礎・応用研究を開拓できる研究者・技術者を育成することを目的としています。シミュレーションコース教育プログラムは3日間の集中講義や集中実習を行うことによって、より参加しやすいカリキュラムを採用しています。
今回、この教育ユニット主催にて、ユニット発足後1年間の活動状況および今後の展望を紹介するシンポジウムを平成18年11月20日(月)に開催しますのでご案内いたします。

日時: 2006年11月20日(月) 13:00-18:00

会場: 京都大学医学部構内 芝蘭会館 稲盛ホール(京都市左京区吉田近衛町)

参加費: 無料(懇親会は3000円程度)

参加登録:http://www.card.med.kyoto-u.ac.jp/jp/NanoMedicine/Registration/

URL: http://www-gs.kogaku.kyoto-u.ac.jp/nanomed/sympo/shushi.htm