2006年8月の米国におけるBayer CropScience社未承認GMコメLLRICE601の流出事故は、EUを中心とするコメ輸入国からの拒否反応を引き起こした。そして、それらはアジアのコメ輸出国に直接・間接的に影響を与えている。最近の報道からインド、タイ、中国の状況を眺めてみよう。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FoodScienceサイトでお読みください。