NMDA受容体についてアロステリック効果を仮定してモデルを再構築したところ、記憶学習の基礎過程である神経細胞のスパイクタイミング依存シナプス可塑性(SPTD)を説明できた──。2006年10月9─13日の第7回システムバイオロジー国際会議(関連記事)で、この成果を口頭発表した黒田真也・東京大学教授に、システムバイオロジーの魅力を聞きました。先週公開の「BTJジャーナル」06年10月号P.3-5のインタビュー記事をご覧ください。

 「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/

 黒田氏は、システムバイオロジーの旗手の1人。シグナル伝達分子ERKの活性化が一過性ならば増殖、持続性ならば分化という異なる運命をたどる神経細胞(PC12細胞)について、増殖因子投与のスピードと濃度を捉えていることを、システムバイオロジーによるアプローチで実証するなどの成果を発表し、06年4月に東京大学教授に着任しました。

 SPTDの成果の詳細も近く、論文発表の予定です。

 「BTJジャーナル」はバイオ研究者のスキルアップやキャリアアップのお役立ち情報を提供する月刊誌。無料ダウンロードのPDFファイルをパソコンで、あるいはプリントアウトしてお読みいただく新しいタイプのジャーナルです。


※10月号の目次を紹介します。

2 リーダー・インタビュー
 システムバイオ&インフォマティクス
 黒田真也・東京大学教授
 金谷重彦・NAIST教授

9 リポート
 欧州のシステムバイオ

11 リポート
 4遺伝子で細胞の初期化に成功

14 リポート
 自然免疫で引用トップの阪大・審良教授

16 学会ダイレクト
 日本癌学会

18 連載「研究者キャリアパス日米比較」
 第6回 大学教育のシステム(後編)

20 連載「プロが教えるラボ清掃術」
 第5回 実験台、流し、水まわり(その2)

23 連載「キャリアチェンジ研究所」
 第4回 研究の臨場感を一般へ

27 ウェブサイト紹介
 システムバイオロジー

28 書籍紹介

35 カレンダー

 ぜひ「BTJジャーナル」をダウンロードして、お楽しみください。
 パソコンでご覧いただくと、リンク先の情報もすぐに入手できます。
 プリントアウトをお読みいただくなら、カラーをお勧めします。

 このダウンロードサイトでは、BTJジャーナルのバックナンバーも無料でご覧いただけます。下記の各号の特集、キーワードを参考にしてください。【ビデオ】と記載した記事は、音声入り動画が入ってます。オンラインジャーナルならではのダイレクトリンク、PDFジャーナルならではのビデオも、お楽しみください。

創刊前号 エピゲノム計画 DNAマイクロアレイ
創刊号(1月号) RNA新大陸【ビデオ】 蛍光たんぱく質 キャリア調査2005
2月号 仕切り直しのクローンES細胞研究 さきがけライブ
3月号 論文ねつ造事件 質量顕微鏡 春学会プレビュー
4月号 糖鎖プロジェクト【ビデオ】 ライブセル【ビデオ】 学会コレクション
5月号 メタボローム【ビデオ】 エピジェネティクス解析 研究者のキャリアパス
6月号 分子イメージング IUBMB若手研究者の集い 匠のラボ清掃術
7月号 エピジェネティクス【ビデオ】 ノーベル賞 研究費不正使用
8月号 ニュートリゲノミクス 特産品振興 機器購入の心得
9月号 メタゲノム【ビデオ】 高速DNAシーケンサー 大学院教育

「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/

 オンラインジャーナルならではのダイレクトリンク、PDFジャーナルならではのビデオも、お楽しみください。(BTJ編集長 河田孝雄)