高市早苗内閣府特命担当大臣(食品安全担当)が、食品安全委員会に初めて出席。「国民の健康や食品安全の保護のために、今後も科学に基づく客観的で公正なリスク評価と、国内外の情報収集、食品事故などの緊急時対応、正確で分かりやすい情報提供、消費者や関係者との意見交換などの取り組みを」と挨拶した。

この続きは、FoodScienceサイトでお読みください。