EU域内でGMトウモロコシが商業栽培されている国には、14万8200エーカーのスペインを筆頭にフランス、チェコ共和国、ポルトガルおよびドイツなどがある。フランスにおいてもっぱらメディアを賑わしているのは積極行動主義者によるGM圃場破壊行為だが、米国Wall Street Journal紙は、GMトウモロコシ栽培農家の主張と現実を併せて紹介している。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FoodScienceサイトでお読みください。