***** seminarMLから情報転載 *****

東大医科研学友会セミナーをご連絡いたします。

日時:11月13日(月曜日)午後4時から5時
場所:東京大学医科学研究所合同ラボ棟2階会議室
(地下鉄南北線白金台駅下車)

入場無料、事前の出欠のご連絡不要です。
皆さまのご来場をお待ちしております。

澤 明 先生
Associate Professor
Director&s_comma; Program in Molecular Psychiatry
The Department of Psychiatry & Behavioral Sciences
Johns Hopkins University&s_comma; School of Medicine

Discovering a novel cascade of cell death: Nitric oxide-GAPDH-p300-p53
and its application for translational research of neuropsychiatric
disorders

澤先生は1990年に東京大学医学部医学科を卒業後、精神医学教室で研鑽をつまれた後、 米国Johns Hopkins大学の神経科学部門に留学しました。2001年より精神医学部門に て自身のラボをはじめ、現在は、精神医学部門、神経科学部門、細胞分子医学部門に またがって、精神疾患(特に統合失調症)の基礎病態研究、精神疾患の臨床研究、神経細胞死の基礎研究の3チームからなる研究プログラム(Program in Molecular
Psychiatry)のディレクターをつとめています。今回は、核内蛋白p300、p53を含んだ神経細胞死の新しいシグナルカスケードのお話を軸に、アルツハイマー病、パーキンソン病といった脳神経疾患の解明、治療法の探索への分子生物学敵手報による取り組みについてお話しただき、さらには統合失調症研究の最先端についても、臨床的な観点からお話いただきます。

参考文献
Kamiya A&s_comma; 略&s_comma; Sawa A. A schizophrenia-associated mutation of DISC1 perturbs
cerebral cortex development. Nature Cell Biol. 2005 Nov 20;
Dec;7(12):1167-78.

Sawa A&s_comma; Snyder SH. Genetics. Two genes link two distinct psychoses.
Science. 2005 Nov 18; 310: 1128-9.

Bae BI&s_comma; 略&s_comma; Sawa A. p53 mediates cellular dysfunction and behavioral
abnormalities in Huntington’s disease. Neuron. 2005 Jul 7; 47: 29-41.

Hara MR&s_comma; 略&s_comma; Sawa A. S-nitrosylated GAPDH initiates apoptotic cell death by
nuclear translocation following Siah1 binding. Nature Cell Biol. 2005 Jul
7; 7: 665-74.

Sawamura N&s_comma; 略&s_comma; Sawa A. A form of DISC1 enriched in nucleus: altered
subcellular distribution in orbitofrontal cortex in psychosis and
substance/alcohol abuse.
Proc Natl Acad Sci U S A. 2005 Jan 25; 102:1187-92.



*********************************
渡辺 すみ子、教授
東京大学医科学研究所
再生基礎医科学寄付研究部門
合同ラボ棟3階
108-8639
東京都港区白金台 4-6-1
Phone 03-5449-5663/5664
FAX 03-5449-5474
e mail sumiko@ims.u-tokyo.ac.jp
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/moldev/
http://www.ken-ichiarai.com





seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。