国際シンポジウム「UT Symposium on NanoBio Integration / NANOBIO-TOKYO 2006」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


国際シンポジウム「UT Symposium on NanoBio Integration / NANOBIO-TOKYO 2006」開催のお知らせ

 このシンポジウムでは、ナノバイオ融合領域研究に関係する各国の第一線で活躍の研究者により、DDS、Device/ Sensing、Tissue Engineering、Biomaterial、Imagingなど最先端のナノバイオ研究の現状と今後について議論いたします。
 また、本シンポジウムの国際連携のセッションでは、日、米、欧、アジアの各地域の大学、研究機関、プロジェクトにおけるナノバイオ研究の取り組みについて紹介していただき、国際的共同研究の進め方について議論を行います。
 是非多くの方々にご参加いただけますようにお願いいたします。ご参加ご希望の方は、下記URLよりお申込み下さい。なお、会場の席に限りがございますので、お早めのお申込みをお願いいたします。

・シンポジウム名: UT Symposium on NanoBio Integration / NANOBIO-TOKYO 2006
・主催: 東京大学ナノバイオ・インテグレーション研究拠点
・開催日: 2006年12月4日(月)-12月7日(木)
・場所:東京大学本郷キャンパス (安田講堂、小柴ホール)
・講演:プレナリーをはじめ招待講演 44件、公募によるポスター発表約160件
・会議参加費: 無料
・リサーチミキサー(懇談会)参加費: 一般 1万円、学生 5千円
・参加申し込み締め切り: 11月20日(月)
・詳細、申し込みURL: http://www.sntt.or.jp/nanobio/

・Invited Speakers(44名、* Plenary Speakers)
*Masuo Aizawa (Tokyo Inst. Tech. Japan)
Kazunari Akiyoshi (Tokyo Medical and Dental Univ. Japan)
Fu-Hsiung Chang (National Taiwan Univ. Rep. of China)
Yoshinobu Baba (Nagoya Univ. AIST Japan)
Dennis E. Discher (Univ. PennsylvaniaUSA)
Paolo Fortina (Thomas Jefferson Univ. USA)
David W. Grainger (Univ. UtahUSA)
*Nobutaka Hirokawa (Univ. Tokyo Japan)
Ging-Ho Hsiue (National Tsing Hua Univ. Rep. of China)
Jeffrey Hubbell (EPFL Switzerland)
Jae-Ho Kim (Ajou Univ. Korea)
Young-Ha Kim (Kwangju Inst. of Science & Tech. Korea)
*Wolfgang Knoll (Max-Planck Inst. Germany)
Bruce Kramer (NSF USA)
Ick Chan Kwon (KIST Korea)
Young-Soo Kwon (Dong-A Univ. Korea)
Eun Kyu Lee (Hanyang Univ. Korea)
Kam Leong (Duke Univ. USA)
Charles P Lin (Massachusetts General Hospital USA)
Wen-Tso Liu (National Univ. Singapore Singapore)
*Carlo D. Montemagno (Univ. Cincinnati USA)
Hiroyuki Noji (Osaka Univ. Japan)
Teruo Okano (Tokyo Womens Medical Univ. Japan)
Jung-Keug Park (Dongguk Univ. Korea)
Kinam Park (Purdue Univ. USA)
Bruno Le Pioufle (Univ. Tokyo Japan)
Dong-Jin Qian (Fudan Univ. China)
*Buddy Ratner (Univ. Washington USA)
Yasushi Sako (RIKEN Japan)
Masatsugu Shimomura (Hokkaido Univ. Japan)
*Subra Suresh (MIT USA)
Yasuhiko Tabata (Kyoto Univ. Japan)
Fuyuhiko Tamanoi (UCLA USA)
Eiichi Tamiya (Japan Advanced Inst. of Science and Tech. Japan)
*Marcus Textor (ETH Zurich Switzerland)
Wiwut Thanthapanichakoon (National Science and Technology Development
Agency Thailand)
Joel Voldman (MIT USA)
Horst Vogel (EPFL Switzerland)
Xin-Hui Xing (Tsinghua Univ. China)
Kenji Yasuda (Tokyo Medical and Dental Univ. Japan)
Jackie Yi-Ru Ying (Institute of Bioengineering and Nanotechnology
Singapore)
Hiroshi Yokoyama (AIST Japan)
Kyung-Hwa Yoo (Yonsei Univ. Korea)
Hanry Yu (National Univ. Singapore Singapore)