表示セミナー「わかりやすい食品表示とは?」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


食品科学広報センターでは、近年めまぐるしく変化する食品表示の制度について、より一層理解を深めていただくため、セミナーを開催いたします。

食品表示の制度に関する最近の改正内容を中心に専門家にご解説いただき、わかりやすい食品表示のあり方について、消費者意識調査の結果から迫りたいと思います。ぜひご参加ください。

『わかりやすい食品表示とは?』
日時:2006年11月13日(月)13時30分~16時30分
会場:主婦会館プラザエフ7F「カトレア」
定員:先着150名様
   *定員になり次第締切りますのでご了承下さい。
   (参加者には、11月上旬に参加証をお送りいたします。)

参加費:無料

<プログラム>
1.基調講演
「わかりやすい食品表示に向けて-最近の改正を中心に」
湯川剛一郎氏(農林水産消費技術センター理事)
■加工食品品質表示基準の一部改正「わかりやすい表示方法等」の概要(2006年8月告示)
 …表示様式の弾力化・特色のある原材料の表示などの解説
■加工食品の原料原産地表示の拡大(2006年10月より全面適用)
■その他の改正・今後の課題等

2.講演「消費者意識調査からみえてきたこと」
■事例1「食品添加物の表示」
小沢理恵子氏(日本生活協同組合連合会くらしと商品研究室室長)
■事例2「遺伝子組み換え食品の表示」
坂本智美氏(バイテク情報普及会)

3.パネルディスカッション「望ましい表示のありかたとは何か」
パネリスト(50音順)
岩田三代氏(日本経済新聞社編集局生活情報部編集委員)
小沢理恵子氏(日本生活協同組合連合会くらしと商品研究室室長)
蒲生恵美氏(目白大学人間社会学部専任講師、食品安全委員会リスクコミュニケーション専門調査会委員)
坂本智美氏(バイテク情報普及会)
湯川剛一郎氏(農林水産消費技術センター理事)
司会:正木英子(食品科学広報センター代表)

お申込みはこちらから↓
https://www.fsic.co.jp/seminar/seminar.htm


+食の安全++