「生物の発生・分化・再生」第5回公開シンポジウム が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


来る12月15日(金)に、 JST・CREST「生物の発生・分化・再生」第5回公開シンポジウムを開催致します。
講演(7題)とポスター発表(65題)があります。
シンポジウムの参加費は無料です。
多くの方のご参加を心よりお待ちしております。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

科学技術振興機構
「生物の発生・分化・再生」第5回公開シンポジウム

主 催: 独立行政法人 科学技術研究機構(JST)
日 時: 平成18年12月15日(金) 10:00~17:55 (9:00開場)
会 場: コクヨホール(東京・品川)
参加費: 無 料
(ただし研究交流会にご参加の方は、参加費3000円:当日徴収)
研究交流会 : 18:00~19:30
(シンポジウム終了後、コクヨホール内に於いて)


(プログラム)

講 演:
「神経の突起伸長に必要な膜輸送制御因子Protrudin」
       (九州大学生体防御医学研究所 教授 中山 敬一)

「形態形成・再生におけるADAMプロテアーゼの役割 
      :メルトリンβ /ADAM19の働きを中心に」     
       (京都大学再生医科学研究所 教授 瀬原 淳子)

「膜タンパク質M6aが 担う軸索伸長停止反応」
(情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所 助教授 平田 たつみ)

「脂肪細胞の分化・形質転換とその制御」
       (東京大学大学院医学系研究科 教授 門脇 孝)

「網膜内軸形成と領域特異的網膜視蓋投射の分子機構」
    (自然科学研究機構 基礎生物学研究所 教授 野田 昌晴)

「ホヤ発生遺伝子のゲノム科学的解析と研究システムの確立」
       (京都大学大学院理学研究科 教授 佐藤 矩行)        
「マウス嗅覚系における神経回路形成の分子機構」
       (東京大学大学院理学系研究科 教授 坂野 仁)

ポスター発表  65 題

お申し込み方法 :シンポジウムHP (http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/event/ddr2006/ddr2006.html)より、参加申込書をプリントアウトの上、FAXにて下記事務局までお送り下さい。

問い合わせ先:独立行政法人 科学技術振興機構
「生物の発生・分化・再生」研究事務所
〒332-0012 埼玉県川口市本町4-1-8 川口センタービル6F
TEL 048-227-3071
FAX 048-227-3078