***** seminarMLから情報転載 *****

公開セミナーのお知らせ

*/ストレスとアルツハイマー病
/*

*三菱生命科学研究所
藤田 忍 博士

日時:平成18年10月23日(月) 午後5時-6時
場所:学習院大学南6号館2階203号室
  主催:理学部生命分子科学研究所*
    
 要約:アルツハイマー病の脳で徐々に蓄積すると考えられていたタ
ウタンパク質の高リン酸化が、各種のストレスにより正常マウスの脳で可逆的に
起こることが分かってきた。このことは何らかのストレスがアルツハイマー病の
要因となっている可能性を示唆する。疫学データも紹介しながら考えてみたい。

 ストレスとアルツハイマー病の関係という興味深いテーマについて、藤田さん
独自のデータと考察をお聞きできると思います。皆様奮ってご参加下さい。参加
自由です。
 問い合わせ先:学習院大・理・生命研、芳賀、tel:03-5992-1033

-------------------------------------------------------------------------
Tatsuya Haga&s_comma; Ph.D.
Institute for Biomolecular Science
Faculty of Science&s_comma; Gakushuin University
1-5-1 Mejiro&s_comma; Toshima-ku&s_comma; Tokyo 171-8588&s_comma; Japan
Tel:+81-3-5992-1033; Fax:+81-3-5992-1034
E-mail: tatsuya.haga@gakushuin.ac.jp

芳賀達也
〒171-8588東京都豊島区目白1-5-1
学習院大学理学部生命分子科学研究所
(南6号館208号室)
--------------------------------------------------------------------------




seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。