ワークショップ「21世紀の生物多様性研究:生物多様性インフォマティクスを創出する」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


ワークショップ「21世紀の生物多様性研究:生物多様性インフォマティクスを創出する」ご案内

2003年から国際協力事業「地球規模生物多様性情報機構(Global
Biodiversity Information Facility (GBIF))」が始まりました。2006年までは“Proof of Concept”を目的として事業を展開してきましたが、2006年9月末までに1億件以上の標本や観測のデータが利用可能になりました。さらに、2007年から第2期5年間で、10億件のデータを地球規模の仮想的なデータベースから公開予定です。

この背景のもと、GBIF活動の主要なテーマの一つである生物多様性インフォマティクスに関する国内外の専門家による講演をきっかけとして、GBIFにより提供される生物多様性情報を我が国において十二分に活用していく国内研究コミュニティーを広げ、また、国際協力事業にも貢献することを目指して、このワークショップを企画致しました。

ここに、ご案内をお送りいたしますので、ご参加ならびにお近くの方々への広報をよろしくお願い申し上げます。

         組織委員会 委員長 岩槻邦男
         事務局       菅原秀明


日  時 : 平成18年10月30日(月) 9:30~16:30
会  場 : 家の光会館7F コンベンションホール
      (〒162-8448 東京都新宿区市谷船河原町11)
アクセス :
http://www.bioweb.ne.jp/navi.php?id=kuba_20061010_access

共  催 : 国立遺伝学研究所/東京大学大学院総合文化研究科
      国立科学博物館

後  援 : 内閣府(予定)/外務省/文部科学省/環境省/農林水産省/日本分類学会連合/自然史学会連合/日本微生物資源学会/情報知識学会/科学技術振興機構/国立環境研究所

Webサイト :
http://www.event.nig.ac.jp/gbif/bd2006/

お問合せ先:bd2006@nig.ac.jp

【プログラム】
第1セッション(9:30~10:30)
 岩槻邦男(ひとはく) 
「GBIFの歴史、現状、あるべき未来像」

 伊藤元己(東大・総合)
「生物多様性情報基盤の確立にむけて:本格運用に移行するGBIFデータポータルとその将来像」

 植弘崇嗣、清水英幸、松永恒雄、志村純子(国環研)   
  「国立環境研究所における生物多様性情報活動と今後の展開」    

第2セッション(10:50~12:10)
  松浦啓一(科博) 
「日本の自然史博物館のネートワークによる自然史標本情報の発信」

  Kim Chang-Bae(KRIBB)
「Integration of Biodiversity and Bioresource Information into National Database and Data Linkage」

  Shao Kwang-Tsao(RCBAS)
「Integration of Local Biodiversity Databases and Linkage to Global Databases」

第4セッション(14:00~15:00)
  宮 正樹(千葉中央博)
「Fish-Barcode of Life プロジェクトの概要」

山本勝利・楠本良延(農環研)
「農業景観調査情報システムRuLISの構築と生物多様性研究への適用」

  森脇和郎(理研)
「生物多様性と遺伝的多様性」

第5セッション(15:20~16:20)
  黒田大三郎(環境省)
「生物多様性情報と環境省-現状と方向性-」

  星 元紀(IUBS)
「地球規模で見た GBIF の役割と現状」

  菅原秀明(GBIF)「閉会の辞」