第268回CBI学会研究講演会が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


プログラム

1. 13:00-13:50
“The Discovery of Potent Novel Compounds using a Fragment Based Structural Approach Coupled with Automated High Throughput Chemistry.”
Dr. Tim Mitchel(CEO Sareum Ltd)
Dr David H. Williams (Vice President and Founder Sareum Ltd. 2 Pampisford Park Cambridge CB2 4EE. United Kingdom)

2. 13:50-14:40
「化合物デザインから最適化まで~ソフトウェア、データベース、実験サービスを駆使して~」
礒辺 隆 (CTCラボラトリーシステムズ株式会社)

3. 14:40-15:30
「キナーゼ阻害剤の探索におけるケムインフォマティクスからのアプローチ」
細川幸三(株式会社菱化システム)

<15:30-16:00 休憩>

4. 16:00-16:50
「SBDDによる候補化合物設計の新アプローチ」
塩原紀行(富士通株式会社)

5. 16:50-17:40
「キナーゼ阻害剤探索系としての細胞内シグナル伝達系のシステム解析」
畠山眞里子(理化学研究所 ゲノム科学総合研究センター)

講演会参加費:
法人賛助会員: 無料
個人会員(非営利):無料、個人会員(一般企業):\5000
ビジター(非営利):\1000、ビジター(一般企業):\10000

出席を希望される方は事前に必ず事務局セミナー受付seminar@cbi.or.jpに連絡してください。

連絡先:CBI学会事務局 セミナー受付 E-mail:seminar@cbi.or.jp
〒158-0097東京都世田谷区用賀4-3-16イイダビル301
TEL:03-5491-5423  FAX:03-5491-5462  http://www.cbi.or.jp/