秋の学会シーズンが始まり、新聞などで学会関連の記事が目に付くようになった。「○○が△△に効果があることが分かった。××学会で□日に発表する」などというのがお決まりのパターンだ。だがこの種の記事、信用して良いのだろうか? 参考になる学術論文があるので紹介しよう。米国の研究者が今年発表したもので、「Media reporting on research presented at scientific meetings:more caution needed」 (学会発表に関する報道にはもっと注意が必要)というタイトル。米国も日本と同様、センセーショナルで社会をミスリードしてしまう記事が氾濫しているらしい。(サイエンスライター 松永和紀)

 この続きはFoodScienceサイトでお読みください(無料)。