原子力委員会で、食品放射線照射についての議論が続行している。意見募集と意見交換会の結果を踏まえ、報告書案に照射食品の表示、監視・指導、照射コスト、カビ毒アフラトキシンによる食中毒事例、検知技術と公定検知法についての説明が加えられた。

この続きは、FoodScienceサイトでお読みください(無料)。