世界的に有名なKarel Moons教授の「臨床研究の原則」集中講義が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。



■■  11月20日~24日 
世界的に有名な臨床疫学者 Karel Moons 教授  来日!!
---この機会にエビデンスの使いこなし方と創り方を身につけ、
臨床に役立ててみませんか?!  ■■
■主催 文部科学省科学技術振興調整費振興分野人材養成
    東海大学大学院医学研究科(臨床薬理学)
    クリニカルバイオメディカル情報科学マスターコース■
============================================================
【主要キーワード】
------------------------------------------------------------
■臨床研究
■クリニカルバイオメディカル情報科学マスターコース
■臨床疫学
■エビデンス
------------------------------------------------------------
【集中講義日程】
------------------------------------------------------------
■日時:
 2006年11月20日(月)~24日(金)   9:30~17:00
■場所:シミック東京本社
東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル 6階研究室
   http://www.cmic.co.jp/corporate/profile/map-tokyo-first.html
■参加費
 無料(定員15名)
     ※事前にお申し込みが必要となります。
      平成18年10月13日(金) 締め切り 
      先着順
------------------------------------------------------------
【お申し込み方法】
------------------------------------------------------------
 下記アドレスまでE-mailにて10月13日(金)まで受け付けており ます。
 E-mail:genome@m.med.u-tokai.ac.jp
------------------------------------------------------------
【お問い合わせ先】
------------------------------------------------------------
 東海大学大学院医学研究科(臨床薬理学)
 クリニカルバイオメディカル情報科学マスターコース事務局
 担当:矢橋、米澤、森島
 Tel(0463)93-1121(代):内(2560)
 Fax(0463)93-2896
 E-mail:genome@m.med.u-tokai.ac.jp

------------------------------------------------------------
【講演者と講演内容】
------------------------------------------------------------
■Karel G.M. Moons
Professor of Clinical Epidemiology
Julius Center for Health Sciences and Primary Care
UMC Utrecht
The Netherlands

■”The Principles of Medical Research”(集中講義)
Topics:
1. How to formulate a clinically relevant study question?
2. How to measure occurrence of clinical outcomes such as disease mortality complications: prevalence; cumulative incidence; incidence rates?
3. Design of clinical epidemiological studies: randomized trials; cross sectional follow-up and case-control studies; prospective and retrospective studies.
4. Bias and validity in clinical epidemiologic studies.
5. Measures of association: relative risk; risk difference; number needed to treat; odds ratio.
6. Measurement errors in clinical research.
7. Introduction to data analysis; use and misuse of p-value and confidence interval.

The course includes highly interactive lectures critical reading of epidemiologic studies from the current medical literature and practices and discussions in small groups.


※クリニカルバイオメディカル情報科学マスターコースとは・・・・・
平成17年度から科学技術振興調整費により、東海大学大学院医学研究科に「クリニカルバイオメディカル情報科学マスターコース」が設置されました。本コースは、生物統計学・遺伝子統計学・医療情報学を組織横断的に融合・連携し、次世代のバイオインフォマティクスを担う人材の養成を目的としています。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://mcbs.med.u-tokai.ac.jp/mcbs/index.html