奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科で2003年に博士課程を修了した後、長野のワイナリー立ち上げに2年間参画、05年にカナダのログスクールを経てストローハウスを建てながら3カ所の農場を回り、10月に帰国。不均衡進化理論を基に事業化を進めるネオ・モルガン研究所(関連記事1関連記事2)に入社──。

 06年9月25日に公開した「BTJジャーナル」9月号に掲載の連載「対談 若手研究者のためのキャリアチェンジ研究所」第3回は、この中原剣氏が登場、「旅の果てにバイオに戻った」経緯を語っている。

 「対談 若手研究者のためのキャリアチェンジ研究所」は、バイオ系の大学生・大学院生が集まって02年に立ち上げたリバネス(関連記事3)が企画・執筆している好評連載。

 詳しくは、BTJジャーナル9月号をダウンロードして、P.15─18の記事をご覧ください。(BTJ編集長 河田孝雄)

「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/

■BTJジャーナル2006年9月号目次■

2 リーダー・インタビュー
 メタゲノムの“メタ”とは
 服部正平・東京大学教授
 高見英人・JAMSTECプログラムディレクター
9 リポート
 高速化するDNAシーケンサー
11 連載「研究者キャリアパス日米比較」
 第5回 大学教育のシステム(前編)
13 連載「プロが教えるラボ清掃術」
 第4回 実験台、流し、水まわり(その1)
15 連載「キャリアチェンジ研究所」
 第3回 旅の果てにバイオに戻る
19 ウェブサイト紹介
20 書籍紹介
21 カレンダー