ビタミンEの誘導体である酢酸α-トコフェロールを、1日上限150mgの使用基準を定めて、新たに添加物として指定することについて、食品安全委員会は「安全性に懸念がないと考えられ、ADIを特定する必要はない」と結論付けた。

この続きは、FoodScienceサイトでお読みください(無料)。