特別栽培農産物に係る表示ガイドライン検討会が開催され、節減対象とする農薬を見直す方針などが決まった。特栽における節減対象農薬には、無農薬の基準である有機農産物JAS規格では、条件付で使用が認められる農薬も含まれており、整合性がないとの指摘があったことが背景にある。

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。