サイエンスアゴラ2006が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


科学技術振興機構の主催で下記イベントを開催します。

サイエンスアゴラ2006は、
サイエンスが社会と交流し対話する「広場(アゴラ)」となります。
サイエンスを担う多様な人々の間の対話を促す「広場(アゴラ)」となります。
日本中のサイエンスコミュニケーター達が集い議論する「広場(アゴラ)」となります。

 11月25日(土)~27日(月)の3日間、東京・お台場で開かれるサイエンスコミュニケーションのイベントです。およそ10の会場で、国内でサイエンスコミュニケーションの
携わる多くの団体・個人の参加を得て、シンポジウム、講演会、ワークショップから映像体験までさまざまな催しが行われます。
 現代において、研究や技術の進展を、分野や職業、立場の垣根を越えて共有し、共に考えていくサイエンスコミュニケーションの重要性はますます高まっています。サイエンスアゴラに集い、様々な活動に触れて、科学と社会のより良い関係について考えてみてください。

アゴラ: もともとギリシャ語で、人々が自由に集い議論する「広場」を意味しています。

日 時: 平成18年11月25日(土)~27日(月)
     10:00~17:00
場 所: 国際研究交流大学村
(日本科学未来館    東京都江東区青海2-41)
(東京国際交流館    東京都江東区青海2-79)
主 催: 独立行政法人科学技術振興機構
参加費: 無料(一部企画で材料費などの実費を徴収することがあります。)
参加方法:当日直接参加のものと、一部、事前登録のプログラムがあります。事前登録は10月1日よりホームページ(http://www.scienceagora.jp)にて随時受け付けます。

共 催: 日本学術会議 科学と社会委員会 科学力増進分科会
後 援(予定): 文部科学省、産業技術総合研究所、自然科学研究機構国立天文台、国立科学博物館、財団法人 日本科学技術広報財団 科学技術館、ブリティッシュカウンシルほか
協 力: 日本科学未来館、北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP)、早稲田大学科学技術ジャーナリスト養成プログラム(MAJESTy)脳を活かす研究会(「脳と社会」分科会)、HPスーパーサイエンスキッズ実行委員会、NPO法人市民科学研究室、NPO法人サイコムジャパン、NPO法人海の自然史研究所、21世紀の科学教育を創造する会、天文学とプラネタリウムほか