GreenpeaceとFriend of the Earthは、2006年9月5日、中国の未承認害虫抵抗性GMコメ(製品)がヨーロッパの食物連鎖に入っていたのを発見したと発表した。先月のドイツBayer CropScience社の未承認GMコメ微量混入事件http://biotech.nikkeibp.co.jp/fsn/kiji.jsp?kiji=689の余波もおさまらないうちに、ヨーロッパを中心に推進派には頭の痛い問題が続く。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。