***** seminarMLから情報転載 *****



第5回医薬ビジランスセミナー

科学的根拠に基づいたインフォームド・コンセントのために薬づくり・情報づくり・病人づくりを知ろう!

日時:2006年10月21日(土)午前10時~午後7時
    10月22日(日)午前9時15分~午後5時の2日間

会場:関西大学天六キャンパス(大阪市北区長柄西1丁目)

最寄り駅:阪急および地下鉄堺筋線・谷町線の天神橋筋六丁目駅下車、
     北へ徒歩5分。またはJR環状線天満駅下車、天神橋筋商店街を
     北へ徒歩15分。

ゲスト:クリストフ・コップ(プレスクリル・インターナショナル編集長、医師、
     フランス)

参加資格:不問、どなたでも(ただし事前受付、定員250人、先着順)

参加費:学生、患者団体、年金生活者等 1日参加2千円、2日間参加3千円。
    上記以外の方 1日参加3千円、2日間参加5千円。
※どちらの参加費に当てはまるか不明の場合は、事務局までお問い合わせ
  ください。

主催:特定非営利活動法人医薬ビジランスセンター(薬のチェック)
    医薬品・治療研究会

共催:医薬ビジランス研究所、医療問題研究会、新薬学研究者技術者集団、
   全国薬害被害者連絡協議会(薬被連)ほか

医薬ビジランスセミナーとは

1997年9月に第1回医薬ビジランスセミナーを開催して以来、ほぼ2年
に1回実施しています。

年4回発行の本誌「薬のチェックは命のチェック」編集の趣旨と同じく、
医薬品や治療などに関する情報を患者/市民と医療者 とが共有し、
議論し、理解しあう場を心がけています。 科学的根拠に基づく情報を
患者/市民が手に入れ、理解することが医療の現状を変える力にな
ると考えます。

1日だけでも参加できますが、できれば2日間参加していただき、医
療や医薬の全体を見る力を養っていただきたいと願っております。

みなさまの参加をお待ちしております。

(事務局一同)

プログラム(予定)

※プログラムは8月28日現在のものです。当初予定していたゲストの
うち、笑福亭小松さんがエージェントの 都合で出演不可能となりました。
また分科会2「うつ病等ガイドライン」の参加希望が多数につき、全体
会議としました。 ご承知おきください。

2006年10月21日(土)
9:00:受付開始
10:00~10:40:基調講演 浜六郎
      薬害を契機に薬は規制されてきた
      最近の薬害と薬の安全、消費者への直接宣伝などを考える
10:50~12:00:薬害は昔も今も身近にある
      薬被連:薬害肝炎訴訟原告の方
      薬害タミフル脳症被害者の会の方
12:00~13:00:昼食休憩(60分間)
13:00~14:30:ゲスト講演 WHOとガイドライン(仮題)クリストフ・コップ
14:45~16:35:日本のガイドラインを斬る!
      ?診断基準に科学的根拠はあるか? 大櫛陽一 ほか
16:45~19:00:インフォームド・コンセント?その誤解・曲解・正解
     谷田憲俊、鈴木利廣ほか (討論形式)
19:30~21:00:懇親会(オプション、定員70人)

10月22日(日)
9:00:受付開始
9:30~11:15:ガイドラインに科学的根拠はあるか(1)
     うつ病・パニック障害のガイドライン
11:30~12:50:ガイドラインに科学的根拠はあるか(2)分科会
  分科会1.筋萎縮性側索硬化症治療ガイドラインを例に
   (人工呼吸器をつけること、外すことのインフォームド・コンセント)
  分科会3.脳症治療ガイドラインとタミフル
12:50~13:50:昼食休憩(60分間)
13:50~15:40:エコナが仕掛ける「メタボリック・シンドローム」
     ?科学的根拠に基づく?サプリメントの実像
     ?メタボリック・シンドロームの診断基準を診断する
15:40~16:40:仕上げの徹底質疑応答?何でも質問受け付け
  回答者:講師陣
16:40~17:00:閉会のあいさつ 別府宏圀




seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。