また、メディアの「敵役探し」の力学が動き始めたのだろうか。残留農薬ポジティブリスト制で、中国産食品の残留基準超過を伝える記事が目立ち始めた。そのためか、私も講演先などで「中国産ってやっぱり危険なんですね」とよく言われる。BSE(牛海綿状脳症)を巡る米国批判が一段落して、今度は「農薬の中国」なのか?(サイエンスライター 松永和紀)

 この続きはFOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。