(財)岩手生物工学研究センターが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


皆様

(財)岩手生物工学研究センターでは、日本貿易振興機構(JETRO)と共催で下記のシンポジウムを開催します。近隣で関心をお持ちの方は是非ご参加下さい。
尚、当日でも参加できますが、配付資料の準備の都合上、なるべく事前にお申し込み下さい。申込先、期日にご注意願います。


---------------- ここから -----------------------------

日本貿易振興機構(JETRO)・財団法人岩手生物工学研究センター合同シンポジウム

<寒冷圏における花き産業の世界戦略>


日時:平成18年10月3日(火)
場所:岩手県農業研究センター大会議室(岩手県北上市成田20-1) 

【午前の部】世界初・赤いリンドウの本格出荷体制へ向けて
       主催:日本貿易振興機構(JETRO)、八幡平市
       共催:りんどう研究会、財団法人岩手生物工学研究センター

 9:50 サウスフラワーズの経営戦略と赤いリンドウの位置づけ
      John Moffat先生(ニュージーランド・サウスフラワーズ経営)

10:30 ニュージーランドの花き研究開発戦略と花のポストハーベストの重要性
      Jocelyn Eason 先生(ニュージーランド・クロップ&フード研究所)

11:50 質 疑

12:00 昼 食


【午後の部】岩手生工研シンポジウム2006
      <寒冷圏における花き産業の世界戦略>
      主催:財団法人岩手生物工学研究センター

13:00 基調講演:データから見る日本の花き産業の今後の戦略 
      講師:大川 清 先生(静岡大学名誉教授)

14:00 花卉育種における未利用遺伝資源活用の可能性 
      講師:三位正洋 先生(千葉大学教授)

14:35 企業における花きの世界市場戦略 
      講師:田中良和 先生(サントリー(株)シニア・スペシャリスト)

15:10~15:30  休 憩

15:30 市場から見た寒冷圏花き産業の未来と問題点
      講師:高橋正行 先生(日本生花商協会 代表理事)

16:05 岩手県の花き産業の現状と問題点
      講師:阿部 潤 先生(岩手県農業研究センター花き研究室長)

16:30 パネルディスカッション:寒冷圏における花き産業の振興には何が必要か?
      パネリスト
      ・講師全員
      ・日影孝志 先生(八幡平市花き研究開発センター所長)
      進行:山村三郎(財団法人岩手生物工学研究センター研究管理監)

17:00 閉 会


18:30から、5千円程度の会費の情報交換会も予定しておりますので、こちらにも是非ご参加下さい。


*参加申し込み
  ジェトロ盛岡貿易情報センター(Fax 019-622-1695、MOR@jetro.go.jp)

*申し込み期日
  9月25日(月)まで、Faxまたはe-mailでお申し込み下さい。

*問合せ
 財団法人岩手生物工学研究センター(勝部:0197-68-2911、kanri-bu@ibrc.or.jp)
 日本貿易振興機構(JETRO)盛岡貿易情報センター(石川:019-651-2359、mor@jetro.go.jp)


訂正、JTROの連絡先を変更しました