第4回食品安全フォーラムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第4回食品安全フォーラム



日時:平成18年12月6日(水)13:00~17:30
場所:日本薬学会長井記念ホール(渋谷区渋谷2丁目12番15号)
主催:日本薬学会レギュラトリーサイエンス部会
協賛:日本食品衛生学会、日本食品化学学会、日本食品微生物学会、日本薬学会医療薬化学部会、日本薬学会生薬天然物部会、日本薬学会環境・衛生部会


講演



1.食品安全委員会発足からの3年間を振り返って

日本公定書協会 前食品安全委員会委員 寺尾 允男


2.大豆イソフラボンの安全性評価の考え方と問題点

東京都老人医療センター・東京都老人総合研究所 井藤 英喜


3.アガリクスを含む製品の安全性評価に関わる基礎的研究

国立医薬品食品衛生研究所 菅野 純



4.BSEの現状と問題点

東京大学名誉教授 山内 一也



シンポジウム:残留農薬ポジティブリスト制施行後の現状と今後の課題




・残留農薬・動物用医薬品のポジティブリスト制施行後の輸入食品における監視状況

宮田昌弘(横浜検疫所 輸入食品・検疫検査センター)



・食品企業における効率的残留農薬分析に関する創意と工夫

但馬 良一(サントリー(株)品質保証部・安全性科学センター)



・残留農薬ポジティブリスト制施行後の諸問題と対応

宮川昭二 (厚生労働省食品安全部)

・シンポジウム総合討論

閉会後,ロビーにて交流会を予定

参加費:3000円,交流会費:2000円 (当日,会場にてお支払下さい)

参加申込方法:
氏名,所属,連絡先(住所,Tel,Fax,E-mail),交流会参加の有無を,11月30日(木)までに下記にご連絡下さい。なお、空席次第で当日参加もできます

申込先:
国立医薬品食品衛生研究所 
食品添加物部 棚元 憲一
Fax:03-3700-9484
E-mail:4thfdsf@nihs.go.jp
http://www.nihs.go.jp/doc/rs/